フォレストス-プリングスで釣れるトラウトは

フォレスト-スプリングスで釣れる魚は、とにかくパワフル&ビューティー&デリシャス!!体高が高く猛烈ファイター、ヒレもしっかり、体表もキメが細かく、そして食べて美味しい。もちろん刺身でもバッチリOK!。経営母体の(株)林養魚場の養殖施設にてスポーツフィッシング向けに特別に養殖、そしてすべてのフォレスト-スプリングスへと放流されているのです。その秘密は・・・・?

  

     
   スポーツフィッシングの代表魚でもあるニジマス(レインボートラウト)の原産地は北米太平洋岸やロシアと言われております。日本には1877年(明治10年)に初めて北米より発眼卵が導入されました。その後天然河川や湖沼への放流も行われてきましたが、国内で天然繁殖が繰り返されている例は、北海道の一部と湧水地区の一部と比較的限られた場所に限られています。養殖が全国的に広がったのは戦後からで、日本よりニジマスへのなじみが深く、より人気が高かった欧米への冷凍魚の出荷に伴って更に広がってゆきました。近年では国内で養殖されたニジマスは全て国内出荷に切り替わり、スーパーマーケットなどにも出回る様になりましたが、海外からの水産物の大量流通によって、食用としてのニジマスの出荷は減少傾向にあり、現在の日本国内の生産量は最盛期の半分程度になっています。
 
(株)林養魚場は1935年(昭和10年)に福島県西白河郡において、産声をあげた国内でも最古参の養魚場です。国内外を問わずサケマス魚類の養殖を一筋70年、日々研究開発、新しい技術の導入など、常に最高品質のサケマス生産を目指してきております。現在は、養殖魚種約10種類、年間生産量約400tにおよび、国内でも最大級、最先端を行く内水面サケマス養魚場です。
     
 

もともとは食用として日本に持ち込まれ、長らく食用がメインとして養殖されてきたニジマスですが、スポーツフィッシングにおいては世界中でも大人気、近年では釣りとは切っても切れない魚種となりました。それに伴い当社では、釣り人がよろこぶ魚の生産に目標を絞り、これまでの飼育方法、魚の品種、飼料、飼育環境など全てを見直し、更に研究、ターゲットフィッシュとして専用にファーミングしております。

 

     >>>5つの秘密は・・・

昭和20年代の林養魚場採卵風景