2018/11/14

発想の勝利

以前グリップ部が鹿の角製の折りたたみ式ラバーネットの忘れ物があり、大変格好よく多分自作品で愛着があり心配されているだろうな〜と気に掛けたことがありました。その日ご来場されたある団体の方の物だと想像していましたが、後日自分が不在の時に取りに来られ無事返却されました。
今日その時のメンバーのお一人が息子さんと来場され、その雰囲気からもしかしてこの方があのお洒落なラバーネットの持ち主かと思い尋ねると、やはりそうでした。
もらい物の鹿の角を利用し手作りされたそうで、ネット部の枠は厚さや幅を指定してステンレス製の板バネを加工してもらって300円しない価格だったそうです。後は園芸用の麻のロープでデザイン良くちょちょいのチョイッ。おしゃれラバーネットの完成!
置き忘れたのは小型の方で、もうひとつ大型タイプもお持ちでした。
今日はこれでたくさんキャッチしたようですが、初心者の息子さんは50cmクラスをキャッチ出来たそうです。
(F2 377)

2018/11/14

職業体験実習

昨日から3日間の日程で中学生3名が職業体験実習を行っています。池の管理や場内の清掃、今日の放流では胴長を履いて蓄養池に入りビショビショになりながらタモ網で魚の積み下ろしを頑張っていました。
今日も良く釣れた一日でしたが、大型よりも食い気の勝るカムループス集団に翻弄されながらも大型魚との駆け引きを楽しんでいる方もありました。

2018/11/13

トビケラ現る

先日のカゲロウに続き、最近は夕方レストハウスの明かりに集まるトビケラを見掛けます。種類は不明ですがこの種がハッチしているのでしょう。
トビケラで最も有名で代表的な種は、渓流釣りで餌に使われるヒゲナガカワトビケラ、通称クロカワムシ。渓流で石をひっくり返すとよく見掛けます。トルネードでもその色を模したクロカワムシカラーがありますね。
今日も小型魚(カムループスレインボー)がよく釣れていました。半日で数十尾の釣果の方は、表層で群れている場所では、近い距離の場合はスプーン、遠方の場合はクランクで狙っていました。
タテ釣りの表層シェイク、トレモスマッシュHF(ムカイ)、SPISH 25(ノリーズ)等が活躍していました。大型魚は場所も重要ですが、小型魚のいる表層よりも下のタナを狙うと可能性UPです。
入場時に一応3時間券の延長料金を確認した方も、「十分釣れて満足で、延長する必要がありませんでした。」と延長せず帰られました。
(F2 377)

2018/11/11

ぽっかぽかの行楽日和

週末はお天気に恵まれ、多くのお客様に釣り場、レストラン共に御利用いただきました。
異常な猛暑だった今年の暑さも過ぎ去り人気のオープンデッキ席が心地よい季節で、ペット同伴のお客様を中心に満席状態となりました。
放流魚のバラつきサイズに苦戦しながらも、大物を狙うお客様の闘志に火をつけておりました。一方、数釣り志向の方は大満足だったようです。2ndのワクワクエリアは初めてのお子さんでも面白いように釣れてサポートのお父さんの方が楽しそうでした。

※次週18日(日)は中規模の釣り大会が行われるため1stポンド入口側のワンド一帯が開店〜11時半頃まで貸切りとなります。ご来場予定の方にはご迷惑お掛けしますが、ご協力お願いいたします。

2018/11/10

カムループスレインボー大活躍

金曜日夕方にこんな感じで大量放流
更に日中も各ポンドへ数度にわたり放流を行いました。
どの池でもよく釣れて、魚が群れた高ポイントでは2、3投に1尾釣れる場面も見られました。
特にかつて無いほど高密度になった2ndポンドでは、初心者のお子さんや女性達が竿をしならせ魚の引きを楽しんでいました。お父さんと以前から通っていて釣り慣れた少年は、2ndポンドだけで80尾位釣ったようです。
(F2 377)

menu前ページTOPページ次ページ

Topics Board